理想のマイホームを建てるなら|デザイン住宅が最適

建築家と建てる家

模型

ハウスメーカーとの違い

デザイン住宅とは、建て主のこだわりや希望を取り入れながら、住み心地とデザイン性の両方を兼ね備え、建築家によって造られた住宅です。建築家は家の設計・施工管理をする人のことで、通常建築士の資格を有しています。滋賀のハウスメーカーの家は規格が決まっていたり、テイストが画一的なことが多いのに対し、建築家と建てるということは、好きなデザインの洋服をオーダーメイドで作るようなものと考えると良いでしょう。細部までデザインにこだわり、かつ、自分の家族のライフスタイルに合うデザイン住宅をオリジナルで造ってくれるのが建築家です。ハウスメーカーが建てた家と比べると、建築家が建てたデザイン住宅は、一見すると豪華で予算的にもかなりオーバーしそうな印象を受けるかもしれません。確かに滋賀にはそういった高価なデザイン住宅があるのも事実ですが、滋賀の建築家だからこそ、安く家を造れるというメリットもあります。使用する建材など細かい部分に工夫をしていけば、かなり費用を抑えることが可能になり、そんな細かな対処をしてくれるのも建築家の良いところです。また、通常10〜15%ほどの設計管理料がかかるのですが、滋賀のハウスメーカーなどの見積もりにはすでに本体価格に含まれていることが多く、価格の差はあれど、同じように設計料を徴収しています。また、この設計管理料には、施工時のチェックも含まれているので、手抜き工事防止には大いに役立ちます。